株式会社尚助総合貿易

韓国産の竹塩「仁山竹塩」の通販・販売/尚助総合貿易

9回仁山紫竹塩

仁山竹塩 日本総代理店

  • 仁山竹塩 日本総代理店

    株式会社 尚助総合貿易
    〒107-0052
    東京都港区赤坂2-13-17
    シントミ赤坂第2ビル203
    TEL:03-6441-2717
    FAX:03-6441-2718
    営業時間:10:00~18:00

9回仁山紫竹塩

HOME >  商品紹介  > 9回仁山紫竹塩
  • 9回仁山紫竹塩230g(粉末)

    9回仁山紫竹塩250g(粉末)

    製造元: (株)仁山家
    原産地:韓国産
    原料・含有量:天日塩100%(韓国産100%)
    容量:230g(粉末)

    紫竹塩は紫色を帯びた竹塩のことで、オリジナル仁山竹塩と同じように9回焼いて作り、オリジナル仁山竹塩に比べて卵の黄身の味と甘味がより強いです。

    価格:¥9400(税別)

  • 9回仁山紫竹塩240g(固体)

    9回仁山紫竹塩250g(固体)

    製造元: (株)仁山家
    原産地:韓国産
    原料・含有量:天日塩100%(韓国産100%)
    容量:240g(固体)

    紫竹塩は紫色を帯びた竹塩のことで、オリジナル仁山竹塩と同じように9回焼いて作り、オリジナル仁山竹塩に比べて卵の黄身の味と甘味がより強いです。

    価格:¥9950(税別)

  • 9回仁山紫竹塩1kg(粉末)

    9回仁山紫竹塩1kg(粉末)

    製造元: (株)仁山家
    原産地:韓国産
    原料・含有量:天日塩100%(韓国産100%)
    容量:1kg(粉末)

    紫竹塩は紫色を帯びた竹塩のことで、オリジナル仁山竹塩と同じように9回焼いて作り、オリジナル仁山竹塩に比べて卵の黄身の味と甘味がより強いです。

    価格:¥30800(税別)

  • 9回仁山紫竹塩1kg(固体)

    9回仁山紫竹塩1kg(固体)

    製造元: (株)仁山家
    原産地:韓国産
    原料・含有量:天日塩100%(韓国産100%)
    容量:1kg(固体)

    紫竹塩は紫色を帯びた竹塩のことで、オリジナル仁山竹塩と同じように9回焼いて作り、オリジナル仁山竹塩に比べて卵の黄身の味と甘味がより強いです。

    価格:¥33600(税別)

  • 製品の特徴

    製品の特徴

    ●4代160年の竹塩の宗家、仁山家で仁山 金一勳先生の教えのとおり製造した9回焼きの本物の竹塩です。

    ●「竹塩」は仁山 金一勳先生の独特な宇宙論と医薬論についての著書「宇宙と神薬」(1980年7月出刊)に初めて登場する固有名詞で、この本で竹塩の製造方法と活用法を述べた後、竹塩は韓国を中心に世界に広く普及しています。

    ●「紫竹塩」は紫色竹塩として一般伝統竹塩より卵卵黄味がもっと濃く出ます。

利用方法

◆竹塩の一番効果的な利用方法は固体(粒)の竹塩を唾液で溶かして食べることです。米粒または豆の大きさの竹塩何粒かを口に入れて唾液で溶かしながらゆっくり飲み込んでください。

◆粉末の竹塩をティースプーンで半分くらい(約0.5g)口にふくみ唾液で溶かして召し上がっていただいてもけっこうです。畑ニンニクをフライパンなどで焦がさないよう皮のまま焼き、粉末の竹塩をたっぷりつけても召し上がれます。一般的に一日5個以上焼いて温かいうちにいただくと一番理想的です。

◆竹塩を少しずつ摂取して5日ほどたって竹塩に慣れましたら少しずつ量をふやし、一日8g以上召し上がるのがよく、月に250g~300gほど摂り続けると理想的です。

◆生姜甘草茶やニレ(楡)根の皮を煎じた水と一緒に竹塩の粉末をティースプーン1杯(約2g)召し上がってください。一日3~5回ほど摂り続けてください。 生姜甘草茶は生姜、甘草、なつめを2:1.5:0.5の割合、なつめがない場合には生姜、甘草を1:1の割合でお茶をわかしてください。

◆粉末の竹塩を塩の代わりに調理に使ってもよく、一般の塩より10%~15%ほど多めに入れてください。キムチを漬けたり醤油や味噌を作るときに天日塩の代わりに竹塩を利用されるとさらにけっこうです。

ご不明な点がございましたら、お電話かメールにてお問い合わせ下さい。

仁山竹塩 日本総代理店株式会社 尚助総合貿易〒320-0814栃木県宇都宮市三番町1-9TEL/FAX:028-634-1230